スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松葉杖後日談&TRPGリプレイ感想 

2014, 07. 03 (Thu) 21:59

煩わしい松葉杖が外れました。たった一週間でしたが、解放感が凄いw
完治ではないので無理はできないですが、我慢してた小さな用事をこなして大満足です。


最近寝る前に、ダブルクロスのリプレイを読んでます。コスモス最終巻と、エクソダス2巻まで。

コスモスは短いのが残念。
そよぐは最後まで爽やか可愛かった。ちょっと積極的なシーンがたまらん…ちょっとたっつん、そこ変われ。今までで一番友人にしたいPCだった。
たっつんは…ヘタレキングだな!w そよぐに対する態度がうぶで、ニヤニヤするやら、やきもきするやら…でもヨハンと戦うシーンはかなりカッコ良かった。高崎隼人に続き、キメる所はちゃんとキメる子でした。
ユピテルのオカンカッコ良さ(謎)も良かった。最初はどうなるやらと思ったけどw、さすが魅せ方お上手。コスモスで一番好き。
フェイドの衝撃のEDも良かった!この役回り、自分なら演じきれない…NPCみたいでしたね。

昔、友人がこーゆーPCをやり、他PLが真剣に説得したものの、対応が友人の想定したものと違ったらしく、結局NPCとしか心開かないキャラになったの思い出しました。
GMとその友人は、突っ伏してずっと泣いてたPL1人の事しか覚えて無かったけど、実は他のPL(私含む)も全員泣き、そんな状態で必死に解決法探したのでした。後でその友人が、突っ伏して泣いたPLに「君だけ泣いてくれたね」ってゆっててポカーンとなりましたが…。
今になって思うのは、コスモスのフェイド説得みたいに、それぞれの気持ちや発言に合わせて、説得される条件や答えを柔軟に変化させても良かったんじゃないかと思います。皆がその友人の考え方分かる訳じゃないですし。
それと、フェイドみたいにGMから特殊な設定出された訳じゃないPLに難題出されたのも、納得いかなかったです。

話ズレた上に長くなりました。しかも超昔のキャンペーンの話…多分、私以外覚えてないw
ここではなるべく嫌な話しないようにしてるんですが、すみません、今回だけは堪忍で。
フェイドの設定でうまく立ち回るのは、余程場数こなしたPLじゃないと難しそうとゆうお話でした。これ、ナイツのラハブでも同じ事思った記憶があります。
「コスモス」の名に相応しい壮大さと、ダブルクロスがいつも教えてくれる「日常の大切さ」が、うまくミックスされたストーリーだったと思います。面白かった!

エクソダスはかなり久々の再読で、初めて読むみたいに新鮮に読んでます。やはり大好きな作品だなぁと思います。
仲間の連帯感とキャラ立ちが凄く好き。
この感覚は、デザイアとナイツでも感じました。全然雰囲気違う作品なのに、不思議。

デザイアとゆえば、コスモスでミユキが出たの嬉しかったです。朱香を想う台詞がちゃんとあったのも。
しかし、京香との2ショットが何か妖しい!w 朱香に怒られるよ?(えー)
そいやシンと朱香はあの後どうなったんだろう…気になる。

話がまたズレた!次は最終巻読みますが、またあのラスト見れると思うと楽しみだけど、読み終えるのは寂しいです。
てか実は、ラストが強烈すぎて、途中の展開覚えておらずw
冒頭のエミリアの様子は覚えてるんだけどなぁ。


日常日記のはずがリプレイ話になってもうた…ま、いっか。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。