スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF5プレイ記9 ~人それぞれの色がある~ 

2012, 12. 18 (Tue) 23:32

仕事などにかまけてる間に間が空いてしまいました。
コツコツやっていたFF5、とうとうクリアしました。長かったな~w
クリア後もアイテム集めたりしてましたが、今回やりたかった事は大体終わりました。
プレイ記の最後に詳しく書くつもりだけど、最後までストーリーを見ると、ファリちゃんはとっても魅力的なキャラだーと改めて思いました。
元々好きだからとゆうのもあるけど、なんとゆうか時が経って見方が変わって。男装の麗人カッコヨス!とゆう面ばかり見ていた過去と違い、彼女の強さだけでなく弱さや幼さも分かってきて、そこがまた可愛く、いとおしく感じるのです。


さて、次はムーアの大森林とゆう所でやる気が激減した自分、それを打破する為にキャラ育成に集中した訳ですが…



まだPSでプレイしていた時(っても、機種がPSPなだけで、今回やってるのもPS版ではあります)に考えていた今回の方針、それに基づいてキャラクター毎にどのジョブをさせるかを考えていたのですが、それをこの時点で全てマスターor欲しいアビリティがあるLvまで育成しました。以下、結果。

☆バッツ
マスター…ナイト、モンク、竜騎士、忍者、侍、バーサーカー、狩人、魔法剣士、薬師
途中まで…白魔&時魔Lv5、青魔Lv3、魔獣使いLv2
 
ガチ戦士、いつものプレイと変わらないといえばそうです。主人公なので花形にしたいんでしょうかね?白と時はケアルガとヘイスガ・テレポ・リターンの為、青魔は「青魔法」、魔獣使いは「あやつる」をアビリティとしてセットしたかったので育ててしまいました。
魔法使いの方が育成きついだろうな(特に赤魔…)、と思ったら、何気に戦士ジョブの方がラストに必要なABPの量がぱねかったので、一番最後に完成したキャラです。
竜騎士はこいつにやらせるかファリスにやらせるか悩みましたが、どうせなら戦士は全部やらせたかったのでバッツに。この変なこだわりのおかげで時間かかったともいいます…。


☆レナ&ガラフ
マスター…白魔、黒魔、時魔、召喚士、青魔、赤魔、薬師、風水師、吟遊詩人
途中まで…竜騎士Lv2、狩人Lv3、魔獣使いLv2

ガチ魔法使い、今までのプレイだと完全魔法使いは一人だったので、私にしては珍しいパターンです。5の魔法はとても効果的なのでこうしました。役割分担もしたかったし。
レナとガラフはそれぞれPTから離脱する時期が長く、その時ちょうど一人ずつ魔法使いが残る、とゆう形になったのが思わぬラッキーでした。そこまで考えておらんかったぜ…。
狩人は「弓矢装備」で素早さアップ&物理火力にもなれるように、とLv3にしたものの、結局つかいませんでしたw
竜騎士は「りゅうけん」の為です。これまじめっさベンリですぜえ…MP補給に!


☆ファリス
マスター…シーフ、忍者、侍、狩人、魔法剣士、青魔、魔獣使い、薬師、風水師、吟遊詩人、踊り子
途中まで…竜騎士Lv2、白&時魔Lv6、黒魔Lv1orz

歌って踊れて落とし穴発見できて警戒して盗めちゃう!PTのなんでも屋、それがコンセプトです。
しかしガイドブックよく読みこんでみたら、育成タイプおすすめとかゆうページがあって、そこにこんなタイプも書いてあった…お、オリジナリティ溢れるキャラのはずがそうでもなかった!/(^o^)\
ステータス的には中途半端で、素早さだけが高いです。でも使い勝手は最高で、火力にも補助にも回れます。
「二刀流」があるので普通の武器は勿論、魔力上げるなら杖やロッド2本もって補えばいいです。防御は白羽どりにお任せよ!(魔法防御はしらね)
本当は狩人と魔法剣士はマスターさせるつもりはなかったですが、バッツがあまりにも必要ABPが多く、その間に他キャラはノルマはクリアしてしまい、半端なこのジョブ達が気になったのでバッツが終わるまでにやってしまいました。いざという時は「乱れ射ち」2人体制も可能だし…と思ったものの、結局「乱れ射ち」も「魔法剣Lv6」もバッツ一人で事足りました。「見た目好きだからついマスターした」で、もういいですww
白&時魔はバッツと多少差をつけてみました。クイックはやばい位便利でした。ボスの盗む要員が一人しかいなくてもこれでだいじょーぶ!黒魔は…一時の気の迷いです(;´3`)黒魔ファリス可愛いからつい(ry)



ぶっちゃけこんなキャラ毎の育成方針など立てなくても、臨機応変にジョブチェンジして進めたらいいですし、ラストダンジョン辺りで全ジョブマスターしちゃえば、上記のいいトコ全て全員がもつことができますw
でもこうゆうやり方も面白いものです。ある程度自由さは奪われますが…。
FF5はプレイヤーの色がとても出るゲームなのではないでしょうか。自分と弟の過去のデータ見てるだけでも面白いです。



さてこんな育成状態で、これからはすっぴんで進める事にしました。
この時既にLv31。もはやラストダンジョンにだって平気でいけちゃうレベルですねこれ…ストーリーと盗みをゆっくり楽しむには好都合(ニヤリ)
とゆう所で、今回はここまでw 思ったより更新に時間かかりすぎた~(^^;)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。